英語リスニング教材【ページ一覧】

聞き取りやすい映画でリスニング

聞き取りやすい英語の映画

聞き取りやすい映画と、聞き取りやすいといわれている映画をご紹介します。
とりあえず、個人的に聞き取りやすいと思ったのは、次の映画です。

チャーリーとチョコレート工場 チョコレート好きの少年チャーリーが、世界一のチョコレート工場の見学をできることに。子供の中に発音が聞き取りづらい子もいますが、概ね聞き取りやすいです。

ハリー・ポッターと賢者の石 ハリー・ポッターシリーズの第一弾。癖のある発音をするキャラクターもいますが、基本的には聞き取りやすいです。

ハリー・ポッターと秘密の部屋 ハリー・ポッターシリーズの第一弾。聞き取りやすさは「賢者の石」と同じくらいです。

ベイブ 牧羊豚ベイブの物語。動物の動きにあわせて、セリフを当てています。かなりはっきりと発音しています。

ラスト サムライ トム・クルーズ 渡辺謙などの出演で話題になった映画です。セリフの割合は、日本語と英語が半々くらいでしょうか。

クール・ランニング ジャマイカの陸上短距離選手が、冬のオリンピックを目指す話。レゲエなどの音楽もよかったです。

ハイジ アルプスの少女ハイジの実写版です。登場人物は皆英語を話します。アルプスの話で、何で英語だろうという感じは少しします。

ティム・バートンのコープスブライド アニメ作品です。若者が死者の世界に引きずり込まれ、そこで死体の花嫁と結婚しなければならなくなるというお話です。実は、予告編しか見ていないのですが、かなり聞き取りやすかったのでここでご紹介します。

それほどたくさん映画を見ているわけではないのですが、私が見た中ではこのあたりの映画が聞き取りやすかったです。
子供向けの映画が多いですね。

ハリー・ポッターに関してちょっと補足です。
3作目「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」以降は、リスニングするのも難しくなるようです。
というのも、子役が成長し、いわゆる若者言葉に近い発音をするようになるのです。
個人的には、大人たちのセリフ以上に聞き取りにくく感じます。


聞き取りやすい映画に関しては、「映画で英語のリスニング│聞き取りやすい作品の紹介など」整理しなおしてご紹介しています。
あらすじや予告編の動画情報などもありますよ。


英語リスニング教材【ページ一覧】


英語リスニングの勉強法 聞き取りが出来るようになるためには、どのような学習をすれば良いのでしょうか?
映画で英語のリスニング 聞き取りやすい映画の紹介と、映画を聞き取るためのトレーニング方法の紹介。

当サイトは【リンクフリー】です。特に連絡も必要ありません。 ご自由にリンクしてください。
管理人に御用がある方はこちらまでメー ルをください